ノルウェージャン2ひき + ラガマフィン1ぴき + ときどきお-ちゃんの記録にっき
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はろうぃ~ん
2007年10月29日 (月) | 編集 |
昨日、お-ちゃんの習い事先で行ってくれる ハロウィンパーティーだった。

お-ちゃん、今年はコレ。 孫悟空

1023-a
製作日数 約2週間(汗)




となると、トムさんは・・

1023-b
沙悟浄


で、ジェリーさんは・・

1023-c
猪八戒




TJさん、お疲れ様でした


スポンサーサイト
偉いぞ TJ!
2007年10月24日 (水) | 編集 |
朝晩はめっきり涼しく(寒く?)なった。
そうなると、ネコの存在が ますます大きく感じられる。
・・膝に乗っていてくれると 暖かいもんね 

しかし、ジェリーさんは膝よりも好きなところがある。
それは腹と胸。


1023-a

こんなふうに (小さな谷間に顔を乗っけてるとこ)



最初はいい。 けどそのうち重くなってくる 
そーっと布団を持ち上げて、私の右側に降ろす。
左にはお-ちゃんが寝ているので 川の字で寝ている。
(ジェリーさんが居ると、トムさんは来てくれない  )

明け方、変な夢をみて苦しくなった。
気が付くと、トムさんが胸の上に「立って」居た 
・・重かったから変な夢を見たのね。



そしてそんなトムさんに、またもちょっと進歩が。
大嫌いなブラッシングを だいぶ我慢してくれるようになったこと 
これはほんとに助かるぅ~~~ 
限界に近づくと 「ぅにゃぁー」と鳴くけれど、がぶっとはしなくなったのよ。
偉いぞ トムさんっ!
最後にあるご褒美が楽しみで我慢してるのかも?
(ご褒美=歯磨き粉   ・・・好きなのよ  )

ジェリーさんも偉いよ!
ここんところ、ちゃ~んとトイレでうんちしてくれてるもんね♪
へ? 当たり前だって??!
それが今までは当たり前じゃあなかったんだから  ・・・賢くなったでしょ?? 



1023-b

トムさんの最近のお気に入り

一歩 夢に? / 職人中
2007年10月13日 (土) | 編集 |
ちょっと嬉しいことがあった 

シャイなトムさんも甘えてくる事はある。
が、そんな時にジェリーさんが寄ってくると 必ず逃げてっちゃってたんだ 

それがジェリーさんが退院した日の夜と翌朝、
ジェリーさんが私のおまたのところで寝てたのに トムさんが寄って来た   
(眠くて もみもみしに来た)
TJが一緒に私にくっついてることって 初めてだったんだ 

私のささやかな夢は TJ一緒に抱っこすること。
・・・一歩夢に近づいた??! 

と思ったのはその一夜だけ。
翌日からは 元のトムさんに戻っちゃったよ 




でもね、別のところでもちょっと変化が。

トムさん、遊びたいって時に 私をがぶっとやりにくるの 
それは変わらずなんだけど・・
遊んでやってる時にジェリーさんが来ると 
遊ぶのを止めちゃって遠くへ行っちゃうのよ。

それが 少し離れたところへは行くものの、じーっと様子を伺って
チャンスがあれば ばばっと走ってきてじゃれつくということをするようになった 
それがなんだか嬉しいと思う ぢるなのであった。 (何故か「きょうのわんこ」風?)








現在のぢる、職人中です。
お-ちゃんのハロウィンの衣装作りです。

去年はお-ちゃんがマリオで トムさんにはルイ-ジの帽子のみを作りましたが、
その様子はコチラ
今年も お-ちゃんの衣装に合わせて TJの被り物のみを作る予定。
お-ちゃんのぶんが ようやく3/4くらい完成してきたところなので、まだ暫くは職人に。
(今日も1週間ぶり・・くらいかな、開けたの 
やっぱり我が家が一番にゃ~
2007年10月01日 (月) | 編集 |
1001-a
保護色で見難い?



予定通り 先月30日に去勢手術をしたジェリーさん。

まずジェリーさんの戦いは 『朝食抜き』から始まった。
トムさんには別室で食べてもらったんだけど、察するのね。
ケージの中から そっちの部屋のドアをじーっと見つめて鳴いてたよ

トムさんを手術してくれたH先生を指名したので そのぶん安心感はあったけど、
やっぱり心配・・。
H医師に抱かれたジェリーさんは じーっと私のことを見ていた。
すっごく後ろ髪引かれる思いで帰宅

トムさんは、ジェリーさんが居ないことに気付いているのかどーなんだか?
それでも いつもより甘えてきてたんで、居ないことには気付いてたのかな?

夕方、麻酔が切れた頃に面会に行く予定だったんだけど
で具合を確認しただけで、行くことを断念。 (私の体調不良で
たかだか20分弱のところにあるとは言え、
おーちゃんを連れて事故ったら話にならんからね。
寂しい夜を過ごしたよ。

翌朝は8時ちょっと過ぎに病院へ。
ジェリーさんはふやかしご飯でなければダメなので 
病院の朝食の時間帯に会わせて 持って行ったのだ
そのまま診察時間の10時まで 駐車場で待機。

待合室で待っていると、ジェリーさんを抱いた医師発見!(手術した医師ではない)
まだ呼ばれていなかったけど ガラス越しに覗いていると、
H先生が気付いて ドアを開けてくれた。
1日ぶりの再会。
「ジェリーさーんっ」と呼ぶと、こっちを見たよ

さて帰ろうとキャリーバッグに入ってもらおうとしたら・・
バッグの蓋を 頭や手でぐーっと押してる
先生も手伝ってくれて なんとか収めた。

帰宅し バッグからだしてやると、まずトムさんに挨拶。
それから部屋中のにおいをくんかくんかして回り、30分以上ずっとごろごろ言ってた。
やっぱお家が一番だにゃ~ って思ってくれてたのかな?

それからは いつもに増して甘えてくるジェリーさん。
膝に上がりたがるのはもちろんのこと、行くとこ行くとこ着いてくる。
病院い置いてきぼりにされたって思ってんのかな・・。
とにかく時間が許される限りは ずっと抱っこしてた。
(3キロとは言え、ずっとだと足がしびれてくるのね 汗)
けど、抱っこしていれば 傷口を舐める事はないので安心。

気をつけなければいけないのは ジェリーさん本人が舐めることだけでなく、
ご丁寧にトムさんが舐めてやってくれちゃうこと
仲良しはいいけれど、ソレは止めてね



01b

やっぱり一緒がいいのにゃ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。