ノルウェージャン2ひき + ラガマフィン1ぴき + ときどきお-ちゃんの記録にっき
ビビリにゃん だけど 見たいにゃん
2012年10月03日 (水) | 編集 |
忘れた頃にしかUP出来ない なまけもの(汗)。


膀胱炎になってしまったトムさんだけど、
原因がわからず ネットで調べるとストレスも引き金になるとのことだったので
極力 ビビらせないように生活をし、その後は落ち着いている。


さて


浴槽のエプロン(ユニットバスの浴槽の側面のふた)を外して しっかりと掃除をしたくって

image1.jpg
こんなの買った


しゅーこしゅーこ ぶしゅーぶしゅー・・ (↑を使っている時の音)

聞きなれない音が、そして見えない所でぢるが何をやっているのか、
気になって気になって仕方がなかったトムさんであった。




しっかり乾かす為、
倒れてこない様に エプロンを浴槽の中に立てかけ
換気扇+扇風機で浴室全体を乾かし、今日になって解禁。

image2.jpg
へっぴりで 見に来るふたり

そんなにビクビクするなら 見に来なきゃいいのに(笑)。



(↓、お掃除のおはなしです)






お掃除のはなし


エプロンは外すも バスタブの下や奥は どうやったらいいのやら?
仕方が無いから 今までは手の届く範囲でしかやれていなかったけど、
どぉ~~~~~~~~~~~~しても ちゃんとやりたくなって ネットで検索。(便利だねぇ)


すると衝撃的な記事発見!
なんと、お掃除せずにほっておくと 羽虫がわくらしい。

ぅぎゃーーーー!!!
これはいかん、絶対になんとかせねばっっ(必死)。


前から気になっていたのは高圧洗浄機の水圧。
プロの方がそんなような機材の水圧でやっておられる様子の画像を見つけたが、
一般的に売ってるソレらでは やっぱり適さないみたいで。

でも水圧は魅力・・。

いろいろ探していって 行き当たったのは「かんたんジェット掃除機 」という商品(①)。
しかし、けっこうなお値段で(汗)。
で、ホームセンターに行って 悩んで悩んで買ったのが

藤原産業 複式スプレーY-11S型噴霧器
image3_20121003131757.jpg
もともとは園芸で薬品などを散布する為の手動式噴霧器

  〈 使い方 〉
      バケツ等に散布液を入れたところへ【おもり】も入れて
     【B】と【C】をそれぞれ手で握って 
      しゅーこ しゅーこ と押し引き(上下?)させると
     【A】から散布される   という仕組み。
     (噴霧口は、締めると霧状に 緩めるとジェット噴射になる)

     ジェット噴射にすれば6mくらいまで届くとのことなので 水の勢いはあるはず。
     複式なので 押した時も引いた時も噴射できる。



噴霧器はタンクが付いたものもあるけど、中身を使い切ったら ふたを開けて足して・・ 
は、面倒。
しかもそのタンクがでっかいので 使わない時の保管が場所をとる(嫌)。
本当に薬品を散布するならば タンクの方が安全(こぼれない)とは思うが
私の使い方では必要無し。 で、購入決定。 ¥2980でゲット。

本当は、噴霧口が2つのものが欲しかったけど売っていなかった。
どっちがいいのかわからないけど、売っていないのだから仕方が無い。
ちなみに、購入後にネットで見つけたのは
藤原産業 セフティ3 複式スプレー Y-11 」というのが噴霧口2つのもの。
(私が買ったやつは旧式なのかな? 謎)






さあ、お掃除お掃除♪



 ※ ここから先は ぢる独自のやり方であり、いいのかどうなのかは謎。
   真似される方は くれぐれもっ自己判断でお願いします


   1.  服は捨ててもいいやつで
   2.  換気を十分に(私は換気扇+扇風機で 窓があれば開けて)
   3.  ゴム手袋 + マスク + 眼鏡 + ゴムのスリッパ装着
   4.  洗剤類を複数使う場合は「まぜたらキケン」じゃないものを使うこと
   5.  ペットたちは遠ざけて
  (写真の中ではTJが写ってるけど、お掃除完了して エプロン戻す時に写したものです)






■予洗い
image4.jpg
まずは壁と浴槽の境目

エコの為、残り湯で。
【おもり】を浴槽に沈め、噴霧口を境目に斜めに当てて ジェット噴射で ぶしゅーっ!!

出てきましたよ、挟まっていたいろんなものが(汗)。
髪の毛やTJの毛、衣類の繊維、薄いヘドロ状なものとか・・(泣)。

エプロンを外し 浴槽下やら奥の方やらも しゅーこしゅーこ ぶしゅーぶしゅー

・・・ここまでが予洗い。
(出てきた掴み取れる汚れは その都度ティッシュなどで取り除く)







 
■パイプ清掃1
浴槽の水を抜き、パイプユ●ッシュなどの洗浄液(A)を投入して栓を戻す。
image5.jpg
洗浄液が流れ出ていかないように パイプは排水溝から引き抜いておく。








■部品(?)洗い
水で十分に薄めたキッチンハ●ター(B)を洗面器などに作り、
再度 壁との隙間を殺菌するつもりで   しゅーこしゅーこ ぷわぁ~ぷわぁ~
浴槽の中に風呂蓋を広げた状態で立てかけ しゅーこしゅーこ ぷわぁ~ぷわぁ~
エプロンを外して浴槽の中に立てかけて  しゅーこしゅーこ ぷわぁ~ぷわぁ~
洗面器や風呂椅子も浴槽の中に入れて   しゅーこしゅーこ ぷわぁ~ぷわぁ~
(ジェット噴射ではなく霧状で。  浴槽の中に(B)が溜まっていくよ)









■待ち時間に
漂白・殺菌効果が表れてくるまでの間に 
鏡やシャンプーボトルが置いてあったところなどをお掃除。
(鏡以外は(B)で洗ったよ)







■洗い流す
浴槽の中に入れてあったエプロン等を全てシャワーで水洗いし、一旦出す。
(この時の水も、浴槽の中に溜まったままにしておく)







■パイプ清掃2
image5.jpg
パイプの先は、洗髪で髪の毛が溜まるところ(C)に持って行っておいてから

風呂の栓を抜いて、(A)と浴槽内に溜まった(B)を流す。
出てくるよぉ~ パイプ内のヘドロが。(ぎゃー!)
(ここでふたつの液体がまざる為、
 洗剤類は「まぜたらキケン」じゃないものを使わなくてはならないのだ)

(C)に溜まったヘドロをティッシュで取り除いてから、
(C)と浴槽内をシャワーできれいに流す。







■仕上げ洗い
しゅーこしゅーこ ぶしゅーぶしゅーしても届かなかったであろう 風呂釜の底をお掃除する為
浴槽バンに水を張りたいので ビニール袋の中に水を入れた水風船状のものを作り、

image6.jpg
浴槽下の排水溝(パイプを引き抜いたところ)に置いて、栓になるようにする。

シャワー全開でバンの中に水を溜めながら しゅーこしゅーこ ぶしゅーぶしゅー
(掴み取れる汚れは取り除く)
水の溜まったバンの中にキッチンハ●ター原液をどぼどぼと投入。

ある程度待ったら 水風船を除けて排水。
シャワーできれいに洗い流し、パイプをもとに戻して完了。






■乾燥
折角きれいにしたのに、水滴が付いたままでは駄目なので 
しっかりと乾燥させてからエプロンを戻す。








かぁ~~~ 長かった(汗)。
ここまで読んでくださった方、お疲れ様でした。


再度言うけど
「ぢる独自のやり方であり、真似される方はくれぐれもっ自己判断でお願いします」


時間はかかったけど、きれいになれば嬉しいし、噴霧器も買ったし、
これからはもう少しマメにお掃除をしようと思う。

羽虫がわいたら嫌だし・・(怖)。